Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

CentOS on ニフティクラウド(モニター日記3) : ユーザーを追加する

IaaS NIFTY Cloud

ここから先はニフティクラウドあんまり関係なくなってきますが、空気を読まずに続けます。(3ヶ月後の移行に向けて備忘録代わり)

ユーザを作成する

rootはなんでもできるユーザなので、便利な存在である反面、危険な存在でもあります。なので普通はサーバーへのログインには別のユーザーを利用します。

一般ユーザーを作成する

まず一般ユーザーを作成します(hoge-userの部分は適宜読み替えてください)。

[root@localhost ~]# adduser hoge-user
パスワードを設定する
[root@localhost ~]# passwd hoge-user
Changing password for user hoge-user.
New UNIX password: 
Retype new UNIX password: 
passwd: all authentication tokens updated successfully.
rootになれるユーザーを限定する

次にwheelグループにhoge-userを追加します。

[root@localhost ~]# usermod -a -G wheel hoge-user

今度はvisudoを実行して、wheelグループのみsuコマンドでrootになれるように設定します。

[root@localhost ~]# visudo

コマンド実行後、以下の部分を探し出します。「%wheel」で検索をすれば見つかるでしょう。

## Allows people in group wheel to run all commands
# %wheel  ALL=(ALL)       ALL

#を外します。

## Allows people in group wheel to run all commands
%wheel  ALL=(ALL)       ALL

これでrootになれるhoge-userさんが出来上がりました!