Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

さよなら2015年

あと数時間で2015年も終わるので振り返りを込めてエントリー。

仕事

2012年から新しい事業領域を担当することになり、毎日試行錯誤しながら働いてきたが、15年は多少なりとも自分がやりたいと思っていたことが実現できた年だったと思う。

具体的には、ひとつは海外でのサービス展開、2点目は日本初のサービス提供だ。

海外展開

海外展開は、具体的には日本企業向けの北米リージョンなので、社会人になった時に漠然と思い描いていた「自分が作ったサービスを世界中の人に使ってもらう」は厳密にはまだ実現できていない。とはいえ、日本ではない場所で自分たちが作ったサービスが動いていることは非常に感慨深い出来事だった。

日本初のサービス提供

新サービス開発もいろいろ行ったが、その中でも「IT×災害対策」を安価なサービスとして具現化できたのがよかったと思っている。震災の時に募金サービスを開発した時もそうだったけど、仕事を通じて幾ばくかでも社会に何かを還元できたのなら、Webサービスを作る仕事をするものとして素直にうれしい。

新しい坦務

また、7月からは新しい範囲の仕事をさせていただき、またしても未知の領域との格闘をしながら、自分自身の働き方を模索してきた日々だった。ここに関してはまだ成果はおろか、ステップの踏み方を探っている状態に近い。

焦りもあるが、あまり前例のないことなので、今後も会社として継続的な取り組みにするには自分が結果を出すしかないので、成果にこだわる姿勢は持ちづづけたい。

プライベート

子供と出かけることが増えた1年だった。特に日帰りでの遠出ができるようになったことが大きい。今のところ埼玉の鉄道博物館やスタンプラリーで行った厚木までが最長だが、来年は下の子が生まれることもあり、なかなか家族で出かけることが難しくなるので泊まりでのイベントも考えてみたい(とはいえ、完全なママっ子なので子供が生まれたら赤ちゃん返りしそう)。

f:id:answered:20150531101415j:plain 仕事・プライベートを合わせて4回海外に行った。中国・韓国・アメリカ・台湾。英語は相変わらずイマイチだが、海外に行くということ自体は非日常性は薄れてきたように思う。

自分がいる場所と世界が地続きであるという感覚ができてきたというか。"海外"は自分が働く上での大事なキーワードの一つなので、来年も意識していこうと思う(そういえば1月にアメリカに行く)。

自宅サービスは12年以降、殆どできてない。業務上コードを書いたりインフラを構築したりする時間が極端に減った今、自宅サービス開発は技術的な"血肉"になる経験を得られる場所でもあるので、来年はもう少し意識的に時間を増やしたい。仕事以外の分野のインプットがほぼできていないので、自分自身の枠を広げるためにもいろいろ挑戦したいところだ。

来年に向けて

まず、2月に子供が生まれる前に、ワークライフバランスをどうとるのかを明確にすることが最初のポイントだ。家族と仕事と自分のやりがいのすべてが成り立つ絶妙なバランスの取り方を考えないといけない。

なんとなく漠然と考えているのは仕事とプライベートを明確に分離するのではなく、プライベートの中に仕事を取り混ぜていくスタイル。子育てしながらタブレットスマートフォンを駆使して仕事もする。嫌がる人もいそうだけど、今の自分の働き方や家族の状態を考えるとそれが一番いい気がしている。

また、仕事面では次の次くらいの展開を考えた動き方をしたい。15年の最後にいくつか種まきをした案件があるのでそれらを回収しつつ、今後の計画をまとめて行ければと思う。

今年一年間はいろいろあった気がするけど、結局のところは家族やチームメンバーに支えられてなんとかやってきただけだった気がする。自分一人だと何もできなかったと思うので、周りの人たちには感謝しかない。来年は公私共にさらにメンバーも増えて賑やかになりそうだけど、なんとか周りに対しても良い影響を還元できるように進んでいきたい。