Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

LeopardにPassengerをインストールするよ(macports経由のapacheに)。

作業メモ。

Apacheのインストール

まずはapache2をインストール。

$ sudo port install apache2
Error: Target org.macports.build returned: shell command " cd "/opt/local/var/macports/build/_opt_local_var_macports_sources_rsync.macports.org_release_ports_databases_sqlite3/work/sqlite-3.5.9" && gnumake all " returned error 1
Command output: sh: line 0: cd: /opt/local/var/macports/build/_opt_local_var_macports_sources_rsync.macports.org_release_ports_databases_sqlite3/work/sqlite-3.5.9: No such file or directory

インストールしようとしたらsqliteあたりでこけた。
なので、一旦cleanしてその後apacheをインストール。

sudo port clean --all sqlite3
sudo port install apache2

自動起動を設定。

sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.apache2.plist

http://localhostにアクセスして、「It works!」とでたら完了。

Passengerのインストール

次にPassengerをgemでインストールする。

sudo gem install passenger

このままpassengerのインストールスクリプトを動かしてもMacport経由で入れたApacheを発見できない。
なのでMacPortでインストールしたモジュールを発見できるように環境変数を設定する。

export PATH=/opt/local/apache2/bin:$PATH
export APXS2=/opt/local/apache2/bin/apxs

で、インストールスクリプトを走らせる。

sudo passenger-install-apache2-module

passenger用のconfファイルを作成。

sudo vi /opt/local/apache2/conf/extra/httpd-rails.conf

記述した内容は以下。(passengerのインストールスクリプトに書いてある通り)

LoadModule passenger_module /opt/local/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.0.1/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /opt/local/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.0.1
PassengerRuby /opt/local/bin/ruby

rails用のhttpd-rails.confをhttpd.confから呼び出す

$ sudo vi /opt/local/apache2/conf/httpd.conf

記述は以下の2行。

# add passenger settings 2008/07/12
Include conf/extra/httpd-rails.conf

で、apacheの再起動

sudo /opt/local/apache2/bin/apachectl restart

これで完了!